04≪ 2018/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-13 (Sun)
13日、モエレ沼公園の『カタログ』と劇団イナダ組の公演をメインとして札幌で出歩いて参りました。まずは大通付近を巡って見ました。



果澄さんという22歳の女性アーティストの初個展
『"START LINE" 光と影の世界』に寄り道。
kasumi

4プラの斜め向かいにあるので場所は知っていましたが、さぱらホールって初めて行きました。

入り口から入ったらすぐ目の前に作品があります。近かった。けっこう狭い場所なんですね。



展示が工夫されてました。木枠の箱に絵を描いた紙を張って中から光を当てていました。なるほど。光。
紙はトレーシングペーパーかな?別の絵を描いた紙を数枚重ねてありました。あれだ、セルアニメみたいだと思った。奥の絵が透けて見えて、重なって一つの絵になっているようです。
描いてあるのは植物や生き物。文章。
絵本みたいなふんわりしたやさしい絵。
箱を通して小さな世界を覗き込んだような感覚。


さわやかな世界です。表現方法は光と影、テーマは命って印象でした。生命力というか命の強さ、みたいな物を感じてきました。


写真のDMも、往復はがきみたいに二つ折りで、片方にある丸い穴から中の絵を覗けるようになっています。細かい。


つづく >>>>>> * * * この人はポストカードのイラストで有名な方なのでしょうか?
たくさん販売されていて、何となく見たことがあるような気がしました。

若い女の子2人組のお客さんが「すごーい!」と作品を眺めていました。ファンなのかな?



入り口正面の奥にある絵が好きでした。ブルー系でやさしくて不思議できれいなの。


果澄さん、22歳か…わかいなーすごいなーうらやましいなー
これからどう進んでいくんでしょうね。気にしておきます。




さぱらホールをあとにして、今度は4プラへ。
『ふらのクリエーターズマーケットセレクションin Sapporo』
に、行ってきました。
ふらの

6月に富良野で行われたアートマーケットの人気作家さん9組が札幌で集合!とのことです。

あーうん。うん。うん。


作品はとても素敵だったと思います。ハンドメイド作品がずらり。かわいかったし、かっこ良かったです。手が込んでいます。

プロの作家さんなのかな?アマチュアの方もいたのかな?

あんまり見れなかったし、何も買いませんでした。
気に入った作家さんもいましたが、名前等控えずに来ました。


あの内輪っぽい雰囲気、とても気になります。
作家さん同士がブースの前でお話ししていて、作品を見たいのに近づけなかったです。

他にも数人お客さんが来ましたが、なんか誰か来た?って雰囲気で、「いらっしゃいませ」はほとんど聞きませんでした。


ああいうイベントではありがちですね。
規模が小さめだとどうしてもね。

残念です。

でもちょっと勉強になったので、行ってよかったです。
スポンサーサイト
| 観てきた | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。